PCT/JP2016/07104X
VR/AR Commerce / VR/AR Healthcare Decision of patent
VR/ARコマース VR/ARヘルスケア 特許 “日本特許庁 PCT特許権取得”

 The company acquired the patent based on the Patent Cooperation Treaty (PCT) in Japan in 2016, applied for PCT-PPH (Patent Prosecution Highway) in the U.S. in 2017, and has completed domestic application procedures for PCT for EPO.
【Claim 1】 A card payment business method that uses biometric data while the VR/AR headset is being worn.
【Claim 2】 The utilization of portable terminals as biometric data acquisition devises.
【Claim 3】 Monitoring using a portable terminal (watching children or pets, and sharing contents with friends).
【Claim 4】 Guiding users through the contents of the VR/AR to the location of the biometric data acquisition device.
【Claim 5】 Determining the attributes of the user’s avatar by using biometric data.
【Claim 6】 Performing a physical examination using the biometric data acquired with the VR/AR system.
【Claim 7】 Making an appointment at a hospital based on the results of the physical examination displayed.

 已取得日本专利厅PCT专利、中国国家知识产权局・美国专利厅・欧洲专利厅 申请中 世界知识产权机关(WIPO)
【要求事项 1】戴着头戴式VR / AR装置显示生物认证设备的位置并执行卡支付的商业模式
【要求事项 2】使用手机终端将其作为生物数据采集装置
【要求事项 3】使用手机终端监控(监控儿童和宠物,与朋友分享内容)
【要求事项 4】在VR / AR画面上引导用户到达生物数据采集装置的位置
【要求事项 5】使用生物数据来确定用户角色(avatar)的属性
【要求事项 6】从VR/AR系统采集的生物数据进行健康诊断
【要求事项 7】依据VR/AR系统的健康诊断结果介绍或预约附近的医院

 日本特許庁ではPCT特許権取得、米国特許庁・欧州特許庁・中国特許局に国内移行
【請求項 1】VR/ARヘッドセットを装着したまま生体認証装置の位置を表示しカード決済するビジネスモデル
【請求項 2】生体データ取得装置として携帯端末等を利用する
【請求項 3】携帯端末でモニタリング(子供やペットの監視、友人とコンテンツを共有
【請求項 4】VR/ARコンテンツ上で生体データ取得装置の位置までユーザを誘導する
【請求項 5】生体データを利用してユーザのアバターの属性を決定する
【請求項 6】VR/ARシステムで取得した生体データから健康診断をする。
【請求項 7】VR/ARシステムで健康診断をした結果から、近くの病院紹介や予約をする

 

已在日本获得医生磷灰石 “羟基磷灰石和钙” PCT专利权

PCT/JP2017/01685X
Dr.Apatite / Hydroxyapatite and Calcium
Decision of patent
ドクターアパタイト “ハイドロキシアパタイトとカルシウム” 日本特許庁PCT特許権取得

The effect and efficacy of “Dr.Apatite” (hydroxyapatite and calcium) “High blood pressure, osteoporosis, diabetes, dementia, recovery of renal function, improvement of efficacy with hydroxyapatite.”

 The company acquired the patent based on the Patent Cooperation Treaty (PCT) in Japan
【Claim 1】 Calcium in the Hydroxyapatite is partially substituted with magnesium and phosphate group in the Hydroxyapatite is partially substituted with carbonic acid group.
【Claim 2】 The particle size of Hydroxyapatite in Claim 1 is between 5 and 60 nm.
【Claim 3】 Hydroxyapatite of Claim 1 is present in the liquid form.
【Claim 4】 Invention of cosmetics containing Hydroxyapatite of Claim 1.
【Claim 5】 Invention of food items containing Hydroxyapatite of Claim 1 with a concentration between 0.001 and 15 wt%.
【Claim 6】 Invention of food items containing Hydroxyapatite of Claim 1.
【Claim 7】 Invention of food items containing Hydroxyapatite of Claim 1 with a concentration between 001 and 15 wt%.
【Claim 8】 A method for manufacturing Hydroxyapatite of Claim 1.

“医生磷灰石”是一种可以从食物(饮用水/补充剂)中以改善生活方式疾病,如“高血压、糖尿病”和骨质疏松症、痴呆,还可以期待恢复肾功能的发明。此外,化妆品上“美容美肤、促进头发生长、抗菌除菌、再活性化”的效果也值得期待。

已取得日本专利厅PCT专利、世界知识产权机关(WIPO)
【要求事项 1】磷灰石的一部分钙被镁取代,磷灰石的一部分磷酸基被碳酸基取代
【要求事项 2】要求事项1的磷灰石的粒径为5nm以上且60nm以下
【要求事项 3】要求事项1的磷灰石存在于液体中
【要求事项 4】包含要求事项1的磷灰石的化妆品发明
【要求事项 5】要求事项1的磷灰石的化妆品发明的浓度为0.001重量%以上且15重量%以下
【要求事项 6】要求事项1的磷灰石的制造方法
【要求事项 7】包含要求事项1的磷灰石的食品发明
【要求事项 8】要求事项1的磷灰石的食品发明的浓度为0.001重量%以上且15重量%以下。

“ドクターアパタイト” とは、食品(飲料水/サプリメント)からは生活習慣病「高血圧、糖尿病」及び骨粗しょう症、認知症、腎機能回復の改善に期待できる発明です。また、化粧品からは「美容美肌、発毛促進、抗菌除菌、再活性化」の効果にも期待されています。

 日本特許庁ではPCT特許権取得。
【請求項 1】アパタイトのカルシウムの一部がマグネシウムで置換、及びアパタイトのリン酸基の一部が炭酸基で置換される
【請求項 2】請求項1のアパタイトの粒径が5nm以上60nm以下
【請求項 3】請求項1のアパタイトで液体中に存在している
【請求項 4】請求項1のアパタイトが含まれている化粧品の発明
【請求項 5】請求項1のアパタイトを0.001重量%以上15重量%以下の濃度で含む化粧品の発明
【請求項 6】請求項1のアパタイトを製造する方法
【請求項 7】請求項1のアパタイトが含まれている食品の発明
【請求項 8】請求項1のアパタイトを0.001重量%以上15重量%以下の濃度で含む食品の発明

 

利用传感的农产品管理系统专利 Agritech

PCT/JP2017/00781X Crop sensing system
An agricultural product management system using sensing
センシングを利用した農産物管理システム 特許 アグリテック

“Crop sensing system “ー”It measures and determines physical quantity, sound, light, pressure and temperature, etc. by using sensors.”

【Claim 1】 An agricultural product management system using sensing.
【Claim 2】 Sensing in multiple locations between the agricultural production site and consumer premises.
【Claim 3】 Sensing system deciding whether to harvest agricultural products or not.
【Claim 4】 Sensing system to notify the administrator based on the difference between the freshness of agricultural products and the allowable ranges.
【Claim 5】 Prevent deterioration by applying photocatalyst etc. with instruction from the sensing system.
【Claim 6】 Cultivate coffee and herbal medicinal plants using barometric pressure adjustment of the whole greenhouse for agricultural crops.

“农产品传感系统”是指利用传感计算判定物理量、声音・光・压力・温度等的系统”

【要求事项 1】利用传感的农产品管理系统
【要求事项 2】感知从农业生产现场到消费者之间的多个位置
【要求事项 3】判断农产品是否该收获的传感系统
【要求事项 4】根据农产品的新鲜度和允许范围之间的差异通知管理员的传感系统
【要求事项 5】根据传感系统的指令附着光催化剂等以防止劣化
【要求事项 6】通过调节农业大棚的整体气压来种植咖啡和中草药

“農作物センシングシステム” とは、”センサーを利用して物理量や音・光・圧力・温度などを計測判定する”

【請求項 1】センシングを利用した農産物管理システム
【請求項 2】農産物生産現場から消費者間の複数箇所でセンシングする
【請求項 3】農産物を収穫すべきか否かを判定するセンシングシステム
【請求項 4】農産物の鮮度と許容範囲との差に基づき管理者に通知するセンシングシステム
【請求項 5】センシングシステムの指示により光触媒等を付着させて劣化防止する
【請求項 6】農作物ハウス全体の気圧調整を利用してコーヒー及び漢方薬草を栽培する